• トグル制震構法
  • 耐震補強用接合部材 ディスクシアキー

耐震補強用接合部材 ディスクシアキー

耐震補強工事現場の問題を解決!

ディスクシアキーの適用範囲は、「内付け補強」から「外付け補強」まで、建築物の耐震改修に適用可能。特に、補強部材の間接接合で難しいとされていた“SRC造建築物”や“コンクリート強度の低い建築物”に適用できる画期的な接合部材です。

強度型の鉄骨ブレース、制震ブレース、耐震壁補強等各種の補強工法に適用でき、低コスト、短工期、低騒音での耐震補強工事を実現します。

また、ディスクシアキーはオープン工法のため、設計者・施工者を問わず誰でも使える技術で、広く耐震改修工事に適用することが可能です。

diskshearkey_img01

ページトップへ

高い接合性能・高いコスト競争力

ディスクシアキーはコンクリートに広い支圧面積で抵抗することにより、高い耐力と剛性を発揮します。設計時のせん断耐力はあと施工アンカーに比べ約4〜6倍(※)であり、施工数量の低減が可能です。

また、施工時の騒音の低減が期待できるとともに、工期短縮等によるコストダウンにも寄与します。
※ディスクシアキーのせん断耐力は既存躯体のコンクリート強度に比例します。

diskshearkey_img02

ページトップへ

目荒し不要、施工騒音・粉じんの低減

目荒し作業(仕上げ、モルタル除去等を除く)が不要で、騒音を低減するとともに粉じんの発生を抑制します。穿孔作業にコアドリルを使用するため、ハンマードリルを用いる従来工法に比べて最大で30dB(当社比)の騒音低減が可能です。

diskshearkey_img03

ページトップへ

内付けと外付け、両方に対応

diskshearkey_img04

資料請求/お問合せ

ページトップへ