• トグル制震構法
  • お問い合わせ
  • 耐震対策をお考えの方へ
  • トグル制震構法とは
  • 取り付けパターン

取り付けパターン

 建物によって、建物の内側に取り付けるタイプと建物の外側に取り付けるタイプ3種類があり、さらに既存建物との接合方法としてアンカー工法と接着工法があります。

ページトップへ

建物の内側に取付

■内付け枠タイプ
 特徴:柱が建物内にある場合に採用されます。外部から補強部材は見えにくくできます。内部工事が発生します。
 接合方法:アンカー工法・接着工法

ページトップへ

建物の外側に取付

■外付け枠タイプ
 特徴:柱、梁が建物外にある場合に採用されます。建物内部に入ることなく工事ができます。
 接合方法:アンカー工法・接着工法

■外ペタタイプ
 特徴:柱が内部にあり、外壁と一体となっている場合に採用されます。制震フレームを外壁に張り付けます。建物内部に入ることなく工事ができます。
 接合方法:アンカー工法

■アウトフレームタイプ
 特徴:共同住宅などで採用されます。外廊下の外部に鉄骨フレームをたてトグルを設置します。バルコニー側の工事をなくすことができ、建物内部に入ることなく工事ができます。
 接合方法:鉄骨柱・梁+ガセットプレートに直接接合

ページトップへ

接合方法

ページトップへ